2009年01月28日

シュラドミングナイターSL

今シーズン3回目のR.HERBST、M. PRANGERの
ワンツーで終わったシュラドミングのナイターSL。
湯浅の14位といううれしいニュースもあるが
もっと素晴らしいのはスイス、オーストリーという
スキー大国の代表を外されたベテラン二人の入賞である。

その2人とは

19位は元オーストリー代表のKilian ALBRECHT。
06年に突然チームを外され紆余曲折を経て今は
単身ブルガリアからWCにエントリーしている。
成績が上がらず苦しんだが
キッツビューエルに次いで2戦連続のWCポイント。
ALBRECHTと言えば今はすっかりスイスの若手
Danielのことを言うが元祖のKilian もまだ頑張ります。

そして23位は元スイス代表のIMBODEN。
彼はかつてスイス技術系のホープとしてきたいされていて
またソルトレイクのオリンピックでは6位になったこともある。
その彼も優勝できないままスイスチームを外され
Kilianと同じように単身今度は
モルドバからWCに出場している。
今期は好調でWC7戦のうち
2本目に残れなかったのはレヴィと
ウェンゲンの2戦のみという超安定感である。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(苗場なえばNaeba にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form