2013年01月03日

苗場2013年始


冬型の気圧配置で大荒れの天気のはずの
2013の元旦。
何故か雪雲は上越国境まで来ず
苗場はピーカン。
ポールバーンからは平標山が白く輝く。

130101%E8%8B%97%E5%A0%B4_003.jpg
ゆりなとれん。


ポールバーンは雪は薄めながら
結構固く、中々上々のコンディション。
スキーもよく滑るので
滑りの感はすぐに取り戻せた。


バーンが固い為かSLでは結構ポールが折れる。
元旦はこのくらいの被害。


翌2日も何故か雪雲はやってこない。
昨日は固い表面の一枚が割れると
中は柔らかくそこそこ掘れていたのだが
この日はさらにバーンは締まり
ほとんど掘れることもなく
1日中上々の条件。
ただGS1本目の最後の旗門に腕ひっかけて
バランス崩して左の森に突っ込んで
危うく木にぶつかる寸前に止まった。
このおかげでGShaちょっとビビり気味の1日だった。


Iしわた家はケンの全中予選のため
リョウとママだけが苗場に残っていた。


午後のSLの撤収のころになって
やっと雪雲がやってきた。


2日は元旦以上にポールが折れた。
今回は眉がいないのにこんなに折れた。
1本はMしたさんが白状した。


夜は秋田から遠路はるばる訪れてくれたくまさんと
みっちゃん家で鍋・・・。
久しぶりのメンバーで盛り上がった。


3日は待望のまとまった雪。
風はなくリフトゴンドラはほぼフル運行。
良い感じなのだがちょっと寒すぎる。


ポールの中は一枚剥げば固いバーンが出てきて
視界が悪いのを除けば非常に滑りやすい。


しかも2日からスラ板は新品をおろした。
やはり新しい板は張りがあって楽しい。
(まあ新品でも去年のモデルだが)

4日は日帰りで東京に帰って5日からまた苗場です。
年末年始はポール三昧だったので
5,6はベーでいくかもしれないです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(苗場なえばNaeba にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form