2015年02月27日

ブログサイト移転について

電気代がかかるのとPC部屋が夏高温になるので
自宅サーバーからレンタルサーバーに順次
移転することにしました。


新サイトはこちらです。
以降更新は新サイトのみで行います。
基本的にすべてのエントリーの
移転は終わっていますが
完全にサーバーの移転作業が終了するまで
この旧サイトも残します。

目途は半年くらい?

2014年04月14日

シーズン終わりにクラ受けた。(4/12,13)


前泊で一人素泊まり3000円で
安かったリステルに泊ってみた。
こんな感じのコンドミニアム。


リステルのスキー場には雪は全くない。


会場の箕輪に上がってみると
何とうっすらと道路に積雪している。

シーズン終わりにクラ受けた。(4/12,13)の続きを読む

2008年03月11日

バックカントリーの装備

8日に起きた八幡平での雪崩死亡事故の記事より抜粋
登山中だった岩手署の松尾駐在所所長のそばで雪崩が発生。
近くにいた二人の姿が見えなくなったため、
所長が携帯電話で通報する一方、現場付近にいた人たちと捜索に当たった。
男性らが雪崩に埋まった時に位置を知らせるビーコン(電波受発信機器)
を持っていたため発見できた。

たまたま近くに知識を持った人がいて
かつ本人もビーコンを所持していて早期に発見したにもかかわらず
2人とも死亡。
一般に雪崩などで埋まったときの生存可能性は
埋没後15分と言われるが発見は1時間後だった。

最近のお手軽バックカントリーブームに警報を鳴らす事故
だと思うのだがどうだろうか。
上記のような幸運にもかかわらず死んでしまうのだから。

雪崩はいつでもどこでも起きますよ!
やはりビーコンくらいはみんな持って入ってますか?
弱層テストって意味知ってますか?

2008年02月04日

スノースポーツの遭難相次ぐ

首都圏でも大雪が降った2月最初の週末
スキー場でも事故が相次いでいるみたいだ。
<雪崩>重体の女子大生1人死亡 長野・栂池高原スキー場
危険なコースになぜ、雪崩注意の呼び掛け届かず
栂池はあゆが大昔篭っていたときも
雪崩で(雪解けによる泥流)で死亡事故があった。
コース閉鎖中の事故であるだけに
引率者の軽率な行為が惜しまれる。
と優等生的なコメントを出したけど
最近パウダーが大流行で
雪をまったく知らないへたっぴまで
立入禁止区域に平気で入り込んでいる。
ゲレンデ内とは言えそこは真冬の山。
スキー雑誌を含め冬山をなめた昨今の風潮に
一石を投じた事故ではないかと思いますがいかが?

スキーの男性遭難か=新潟・平標山
平標山は苗場の真正面に見える谷川の重鎮。
この厳冬期にスキーで登る人がいるのも驚きだが
この方長岡の人なのでもしかしたら
厳冬期の谷川連邦えおよく知っていて
それなりの装備で出かけたのかもしれない。
というかそうであり途中でビバークでもしていることを願う。

スノーボーダー7人不明=下山せず-広島のスキー場
詳しくは知らないのだが恐羅漢は
ひそかなパウダー天国であるらしい。
ただ皆ボードの上級者なので無事に下山して来て欲しい。