2007年10月31日

スユニ60 207


スユニ60の1~47の北海道バージョン。
昭和29年に鋼体化改造で誕生。
同系のスユニ61と違いこちらは新製。
207は釧クシにあって、釧網本線で混合列車の一員として
釧路湿原をのんびり走っていた。

スユニ60 207の続きを読む

マシ35 3


「つばめ」「はと」の食堂車として活躍したマシ35も
末期は業務用扉を開けられ、アルミサッシ化や
固定窓化され、さらに冷房もデーゼル化されるなど
近代化改装された後各地で活躍した。
また1~3は渡道し、急行「ていね」に組み込まれた。

マシ35 3の続きを読む

スロ52 7

北海道用の1等車(旧特別二等車)のスロ52。
「ていね」など道内の急行列車に連結されていたが
1等車の体質改善のため昭和43、4年ごろ
冷房つきのスロ62と交代して消滅。

スロ52 7の続きを読む

マイテ49 1


昭和30年頃の姿。

マイテ49 2と少々異なって中央部に700mm窓が8つ並ぶ。
昭和13年に特急「富士」用にスイテ37040として落成。
戦後昭和29年まで接収を受けるが摂取解除後
近代化改装を行い、一等室内は一人用の
リクライニングシートが並び後のこだま号の
パーラーカーのようだった。
その後東鉄局内にあって「つばめ」「はと」の共用予備車として
青大将化され特急の電車化後も団体用として使われ
一等展望車一番最後の昭和38年に廃車となる。

マイテ49 1の続きを読む

スイテ48 1


昭和30年ごろの姿。

昭和6年、特急「燕」の展望車スイテ37020として落成。
戦後接収されたが昭和25年に返還され再整備の後
特急「はと」の展望車として活躍したが
青大将塗装には変更されることなく昭和32年
オシ17 5の種車として廃車。

スイテ48 1の続きを読む

マイテ37 2


昭和25年から28年にかけての姿。

戦前の特急「鷗」用に昭和14年に鋼体化改造によって
スイテ37051として生まれた。
戦後接収を経て25年に「はと」の展望車として
マイテ37 2 として整備。
28年にマイテ58 2 と改番、36年に廃車。

マイテ37 2の続きを読む

2007年10月29日

クハユニ56


GMのクハユニ56は窓配置が違っていて
このクハユニ56003(昭和53年仕様)も
そこは見て見ぬ振りをしていたのだが
気になって仕方ないので実車に近づけるべく
大改造することにした。
GMのキットは普通車のドア間の6つの窓が
原型の51系みたいに狭広広広広狭と並んでいるのだが
実際は全部800mmの窓である。
同様にドア後位の窓も二つとも800mmである。

クハユニ56の続きを読む

2007年10月27日

放置プレイ(D51)


KATOのD51標準型のディテールを削って
テンダーの前端の形状を修正して
ギースルエジェクター付けたところで
2年間放置。
そろそろ製作再開するか。
さあ何が出来るのでしょうか?

2007年10月18日

49643


卯原内の駅跡に保存されている49643.

有井の9600デフ無しより改造。
道東のキューロクはこのカマのように
旧タイプの背の低いテンダーを2段に
かさ上げしたものが非常に多い。

各種北海道装備、切詰めデフ、くるくるパーや
各種配管などのディテルアップを行った。
有井のキューロクは他の製品と違い出来が良いので有名で
プロポーションの修正がほとんどいらないので楽。
この手のカマはいくらでもディテールアップできるが
あえてこってりとはやらずにあっさり目にした。

49643の続きを読む

C58139


計呂地の駅跡に保存されているC58139.

有井のC58北見機関区より改造。
詳しくは

C623


北のシロクニのC623

現役当時(昭和43年頃)の姿。
有井のC62なのだがいまいち似ていないので
徹底的に改造した。
前照灯、補助灯、キャブ下、ドームの形状、手すり
、配管、煙室エプロン、従台車の移設等
かなりの大改造となった。
塗装は北海道の汚いカマのイメージを再現すべく
ドライブラシでかなり汚した。
実機はデフの点検窓が目いっぱい後よりなのだが
それだけは未施工。

重連の相棒には一番調子が良かったカマと
言われた32号機を計画していて有井のC62を用意しているが
KATOからC62リニューが発表されてかなりモチベーション下降中

C623の続きを読む

D612


留萌機関区のD612
2軸の従台車とツララ切りが特徴。
最晩年の姿。

有井のD61からの改造。
車高を落とし、煙突、ドームなどを整形の上ディテールアップ。
給水暖め器の配管が一部不明なため未施工。
逆転機カバーの形状も微妙に違う。
留萌のD61、6両は全車ほぼ同仕様ながら
デフの点検口、逆転機カバー、テンダー台車等
1台1台細かいディテールが違っていて興味深い。

D612の続きを読む