2009年11月26日

マイクロのC53 その後

ダイキャスト変形で不動となったマイクロのC53。
先日メーカーに修理依頼で送ったことは書いたが
もう修理が上がって郵送されてきた。
火曜日着で送ったから中1日で出来上がったことになる。

去年C53が再生産されたとき動力部が変更になっていて
前からモータ直前まで全部ダイキャストでいっぱいの
動力(通称マッコウクジラ)になったのだが

修理依頼のものもこの新型動力に交換になるのかと思っていたら
変形したダイキャストが交換されて戻ってきた。
おそらく対策部品なのであろうがそれにしても1日で2台を
分解-フレーム交換-組み立てとやっつけてしまうなんて
このメーカー、少し見直した。

マイクロのC53 その後の続きを読む

2009年11月24日

クモハ54110、クハ47069 その4

一気に進んで走行可能状態?

2009年11月20日

マイクロのC53


我が家のC53もついに走れなくなった。

マイクロのC53、しかも一番最初に出たA7001C53-43流線型と
A7002C53-45デフなしだけに起こるダイキャストの崩壊問題。
写真の下はC53-45だがダイキャスト変形が進んで
ギアボックスの裏ブタのネジが勝手に吹っ飛んでしまった。
当然動輪は全く回らなくなっている。
上のC53-43も動輪が指で触っても全く動かない状態。

メーカーにメールを入れたら3回にわたって無視されたので
電話した(応対可能時間が平日10:00~12:00/13:00~17:00と言う
まったくもって不親切であまり力を入れていない感じだったので心配したが)
以外と対応は丁寧で着払いで送れば対応動力に付け替えて
送り返してくれるということだった。
上回りを色々改造してしまっているの旨を話したら
動力だけでも良いそうである。
期間は比較的すいているので1カ月はかからない
みたいな話であった。


2009年11月14日

クモハ54110、クハ47069 その3

今度はクハの仕上がり具合は


サハ48のキットについていた乗務員扉の
パーツは069とは形態が違うのと
手すりの形も違うので使わず
窓埋めしてからタバサのドアパーツを付ける。

とりあえずそこの窓埋めと妻板のトイレ側の窓埋めが終わった。

客用扉の交換もまだこれから。

2009年11月11日

クモハ54110、クハ47069 その2


クモハはひとまず箱に組む。
これから平妻車用の屋根の幅を
削って半流車と同じ幅にしなければならない。

もうひと段落ついたら
クハの側面に移ろう。

2009年11月09日

クモハ54110、クハ47069


クモハ54は定石通り51系の前面と41系の側面の組み合わせ。
Hゴム化された戸袋窓はタバサのパーツ。
客ドアは全扉タバサのGのタイプ。

クハはまだ前面のみ。
改造47でも珍しく前面にリベットの残ったタイプなので
GMの前面パーツは使わずに
迷った末RM紙付録の旧31系キットの
クハのほうの前面から改造した。