2012年11月24日

横浜夢鉄道9,10番線を走る。


今回は勾配と立体交差のある9,10番線。
持ち込んだ列車は
9番線はKATOのニセコセット(基本、増結)にキットなどを組んだ
スロ52とマシ35等を加えた昭和43年の急行「ていね」の現車12両。

10番線には同じくKATOのつばめセット(基本、増結)の基本11両、増車2両。

こちらは素直にスハ44系客車主体の戦後の「つばめ」。
(前回はダブルルーフ客車主体の戦前「つばめ」)

それに展望車はマイテ391のほかに
マイテ49の製品の窓割りを変えて作ったマイテ491。


今回はC62の全盛期と最末期の食堂車付の優等列車2題という感じで・・。

横浜夢鉄道9,10番線を走る。の続きを読む

2012年01月27日

山の造成?(その4)


ついに植林までキタ!
とりあえず上部の針葉樹から・・・。

車両はクモハ51200。

2012年01月18日

山の造成?(その3)

雪山から岩山へ?

2012年01月11日

山の造成?(その2)

山肌にアクリル絵の具で下地として色を塗った。
これだけでぐっと雰囲気が出るから不思議。


飯田線の雰囲気か?
クモハ54002。


流電も・・・・、クモハ52005。

山の造成?(その2)の続きを読む

2012年01月10日

山の造成?


車両ばっかり作っていて
一部屋を占拠しているレイアウトをいい加減にどうかすれば?
という神の声が聞こえたか聞こえなかったか?

山の造成?に取り掛かった。
発泡スチロールの心材で大まかな形はできていたので
KATOのプラスタークロスを貼っていった。
もう少しプラスターがたくさんついていれば
良い気もするが、とりあえず大分山らしくなった。

トンネルの設定としては
大きな尾根のドテッパラを貫いているという感じ。
あくまでも山本体ではなく尾根というのがミソ。

木は先日あみこに針葉樹をかなりの本数作ってもらった。
この規模の山だと木を密集させるにはこの倍は必要な気がする。
それに落葉広葉樹や照葉広葉樹なんかも欲しい気がする。

2011年03月12日

地震


ほぼ全車両が脱線転覆。
しかもありえない場所に移動している車両も・・・。


ただ全損車両はスケール高150mの
落下をしたクハ76301のみで済んだ模様。


復旧1番列車はクモハ43830を含む身延線編成。
左は大破したクハ76301.

2009年08月28日

飯田線?

駅構内だけはバラスト敷いて
ホームも色塗って
それらしくはなってきた。

でもこんなコテコテの静鉄車のモデルを付けても
飯田線の駅の感じではない。
飯田線はもっと構内が狭々した感じがある。

2008年04月22日

駅名票

駅名票と名所案内を設置した。
これだけで雰囲気が盛り上がる。
昔よくあった木製のもの。
駅名などはパソコンで作って印刷した。